阿久悠物語(24時間テレビ)のあらすじやキャストと視聴率は?

引用:www.ntv.co.jp

どうもみなさんこんにちは!
yoshikiです!
とうとう今日から24時間テレビが始まりますねー。
そんな中でも2017年8月26日の21時ごろから
放送が開始されるドラマ『時代を作った男 阿久悠物語』
特に気になりますね!

スポンサードリンク

このドラマは以前にも放送されており
今回は約9年振りとなる復活で
放送が楽しみですね!

というわけで今回はこちらの阿久悠物語の
あらすじやキャストと視聴率などについて
ご紹介して行きたいと思います!!

阿久悠の(あくゆう)のwiki的プロフィール紹介

それではまずはじめに今回のメインパーソンとなる
阿久悠さんについてご紹介して行きたいと思います!

引用:https://matome.naver.jp

名前:阿久悠(あくゆう)
誕生日:1937年2月7日
年齢:満70歳没
出身地:兵庫県

スポンサードリンク

阿久悠さんは日本の放送作家であり、詩人、作詞家、小説家と
幅広く活躍されていた方です。

ちなみに『阿久悠』という名前は『あくゆう』と読むのですが
読み方通り由来は『悪友』から来ているんだそうです。

幼少期は兵庫県警で巡査を務めていた父親の仕事の都合上
何度か転居をやむなくされ

小学校は1校
中学校は3校
高校は1校

となかなか多くの学校に行きました。
大学は明治大学の文学部を卒業し
その後1959年に広告代理店へ入社しコピーライターや
CM制作を行いながら5年後の1964年には放送作家としての
活動も開始します。

そして放送作家としての仕事によほどハマったのか
2年後の1966年には会社を退職し、放送作家、作詞家として
活動を本格的に開始します。

その後、阿久悠さんは数々のヒット曲を手がけ
ジャンルはアニメ・演歌・歌謡曲・コミックソングと
本当に幅広いジャンルを手がけその作曲した数は
およそ5000曲以上にもなるそうです。。。

5000曲なんて想像もつかない数字ですよね。
私はこういうことに関しては詳しくないのですが
1曲作るのでも手間も面倒もかかりそうな作業なのに
この数は本当にすごいんだと感じますね。

また阿久悠さんといえば
日本テレビのオーディション番組である
『スター誕生』ですね。

スポンサードリンク

引用:yamagutimomoe.com

この『スター誕生』に阿久悠さんも番組企画・審査員として長く関わりました。
今回のドラマ『阿久悠物語』もこのスター誕生を中心に
物語が進められて行くみたいですね。

また『スター誕生』は少し変わった特徴があって
かくそれぞれの芸能プロダクションの担当者は
気になった出場者に札をあげるような方式に
なっていたのですがこの方法を考えたのも阿久悠さんなんです。

何でも、妙な探り合いや裏での選考のやりとりなどをなくして
過程がしっかり見える等にする目的で考えたそうですね。

そんなテレビで大活躍した阿久悠さんは
2001年に腎臓癌を患ってしまい摘出手術や治療を受けますが
2007年にこの世を去ってしまいます。

なくなった後は日本政府から賞を贈られたり
その他様々な賞を受けたりと
確実にテレビ界に大きな変革をもたらした人物の1人です。

スポンサードリンク

阿久悠物語(あくゆうものがたり)とは?

そんな阿久悠物語ですが阿久悠さんの一周忌を迎えた
2008年の8月に放送されたテレビドラマです。
実は今回は24時間テレビ用に特別にリメイクしたんですね。

内容的には阿久悠さんの人気オーディション番組である
『スター誕生』を中心として
阿久悠さんの人生を少年時代から綴った物語となっているようです。

24時間テレビの阿久悠物語のあらすじは?

そんな阿久悠物語のあらすじは
以下のようなものとなっております。

時代を彩った数々の名曲を生んだ作詞家・阿久悠。”ヒットメーカー”と呼ばれた阿久の歌は、平成の今も愛され続けている。

阿久の妻・雄子(松下奈緒)は、女子高生たちが夫の作った歌を口ずさむ姿を見て、阿久と出会った頃を思い出す……。

昭和38(1963)年、阿久悠こと深田公之(亀梨和也)は、広告代理店に勤めるサラリーマンだった。そこで出会ったのが雄子。

同じ匂いを感じた二人はつき合い始め、翌年結婚。この頃から、会社には内緒で放送作家のアルバイトを始め、そこで「阿久悠」というペンネームを使うようになった。

“ものを書く”仕事をしたかった阿久は、やがて会社を辞めフリーの放送作家に。

そして、作詞にもチャレンジするとその才能を発揮し、森山加代子の『白い蝶のサンバ』を大ヒットさせる。

「時代を作る流行歌を生み出したい」と、本格的に作詞活動をすることを決意する阿久。仕事はますます忙しくなり、雄子と息子・太郎の待つ家へ帰るのは 2~3か月に一度、という状況になっていった。

昭和46(1971)年。阿久は、日本テレビのプロデューサー・池沢(八嶋智人)に声を掛けられ、新番組の立ち上げに参加する。

池沢は「テレビ局からスターを生み出したい!」と、新しいオーディション番組を作ろうとしていた。

池沢にアイデアを求められた阿久は、オーディションのすべての過程をガラス張りにして放送するという今までにない番組スタイルを提案する。それが伝説のオーディション番組、「スター誕生!」の始まりだった。

自ら審査員を務めることも決まり、いよいよ『スター誕生!』の放送が開始。

しかし、阿久や池沢ら制作スタッフが期待していたようなスター候補生はなかなか現れず、番組は前途多難なスタートを切ったのだった――。

スポンサードリンク

24時間テレビ阿久悠物語のキャストと登場人物は?

阿久悠:亀梨和也

そんな主演の阿久悠さんを務めるのは
KAT-TUNの亀梨和也さんです。
生涯5000曲以上を手がけたヒットメーカーを演じます。

引用:www.ntv.co.jp

深田雄子:松下奈緒

そんな阿久悠さんの妻の深田雄子役を演じるのは
女優の松下奈緒さんです。
阿久悠がまだ世間から認められていない頃に
ただ一人阿久悠の才能を認めた女性です。

引用:www.ntv.co.jp

スポンサードリンク

上村一夫:田中圭

上村一夫さんは阿久悠の広告代理店時代の
同僚で演じるのは田中圭さんです。
性格は正反対ながらも、生涯の友人で
唯一本心を打ち明けあった仲だそうです。

引用:www.ntv.co.jp

吉金章:和田正人

『スター誕生』のディレクターです。
演じるのは和田正人さんですね。

引用:www.ntv.co.jp

都倉俊一:加藤シゲアキ

『スター誕生』の審査員である都倉俊一を
務めるのは加藤シゲアキさんです。
阿久悠さんと組んで数多くのヒット曲を
生み出し、一時代を築き上げた一人ですね。

引用:www.ntv.co.jp

スポンサードリンク

池沢文男:八嶋智人

スター誕生のプロデューサーを務める
池沢文男さん役は八嶋智人さんです。

阿久悠物語の視聴率はいくら?

そんな阿久悠物語の視聴率ですが9年前の時は15.9%だったようですね。
今回は24時間テレビでの放送なのでさらに高い視聴率が期待できそうです。

詳しい視聴率については随時更新していきます。

スポンサーリンク
スポンサードリンク