爆報フライデーの桂あやめスナックママ事件と犯人西川正勝の過去は?【2017/9/1】

どうも皆さんこんにちは!
yoshikiです!!

スポンサードリンク


2017年9月1日(金曜日)19時放送開始の
『爆報!THEフライデー』にて
女性落語家の桂あやめさんが登場されます。

桂あやめさんは約25年ほど前に
『スナックママ事件』と呼ばれる事件に巻き込まれ
一度命を狙われ、当時はとても危険な状況にあったそうです。

現在はその犯人も捕まっており
今年2017年の7月に刑も執行され
ご本人もようやく一安心?という感じですが
やはり一度命を狙われているだけに
人生でも一番大きなトラウマになったのではないかなと思います。

今回はそんな桂あやめさんのスナックママ事件の内容や
犯人の西川正勝などについてご紹介していきたいと思います!!

爆報フライデー 番組出演者情報【9月1日放送分】

MC
爆笑問題

スペシャルゲストMC
田原俊彦

レギュラー出演者
アンガールズ オリエンタルラジオ 友近

アシスタント
吉田明世(TBSアナウンサー)

出演者
テリー伊藤 日下千帆 岡田薫 石井麻理
泉じゅん 結城貢 桂あやめ
フットボールアワー 平成ノブシコブシ パンクブーブー

スポンサードリンク

桂あやめのwiki的プロフィールと経歴紹介

それではまず初めに桂あやめさんについて
ご紹介していきたいと思います。

引用:www.yoshimoto.co.jp

名前:桂あやめ(3代目)
本名:入谷ゆか
誕生日:1964年1月31日
年齢:53歳
出身地:兵庫県

桂あやめさんは日本の女性落語家で
3代目桂あやめとして活動されています。
そんな桂あやめさんが落語に興味を持ったのは中学2年生の時。
課外授業で落語の鑑賞があったそうなのですが
それをみたときに落語にはまってしまい
しばらくは大好きな小文枝さんの追っかけをしていたそうです(笑)

『追っかけ』と聞くと現代ではアイドルやアーティストなどを
イメージしますが落語家の追っかけとはすごいですね。
私はあまり落語に嗜みがないので気持ちがわかりませんが
そこまでどっぷりはまってしまう落語の魅力が気になりますね。

スポンサードリンク

そして、1982年に5代目桂文枝さんの元へと入門し
舞台や稽古で経験を積み
12年後の1994年に3代目桂あやめを襲名します。

またその5年後には林家染雀さんとの音曲漫才コンビである
『姉様キングス』を結成し、これまた人気だったそうです。

引用:anekin.blog.shinobi.jp

最近では少なくなってきましたが
こういう和風の女性は素の美しさが際立って
とても綺麗ですよね〜^^

一度京都とかに行って、本場の舞妓さんとかと
触れ合ってみたいものです。

桂あやめのスナックママ事件の詳細は?

そんな桂あやめさんですが
今から25年ほど前の1992年に
『スナックママ事件』と呼ばれる非常に残酷な事件に
巻き込まれてしまいます。

スポンサードリンク

その事件の内容というのが
スナックのママ4人の命を連続で奪い
さらに5人目の標的として桂あやめさんが
狙われ、自宅に入り込まれ襲われたという事件です。
ちなみに犯人は西川正勝というかたです。

桂あやめさんが襲われた経緯としては

桂さんが前日の飲み過ぎで二日酔いになり
自宅で寝ていたらしいのですが
そこに隣人を装った西川正勝が入ってきて
まだ引っ越してきたばかりで電話がついていないから
電話を貸してくれないかと訪ねてきたそうです。

そこで桂さんは快く引き受け、電話を玄関先まで
引っ張ってきて、玄関で西川正勝は電話をしました。
その後西川は『留守でした』といい、受話器を置くと同時に
桂さんに襲い掛かり、首を締め、そこで桂さんは気絶してしまいます。

そして、桂さんがしばらくして目覚めると
西川は興奮して、再び襲いかかってくるのですが
桂さんはとっさに会話へと持っていき、話をします。

西川に金を要求された桂さんは
そばにあった現金14万円を渡し
それから西川を刺激しないように
桂さんはしばらく話をしたそうです。

この時点で西川は警察から指名手配されていましたので
逃亡中の身でした。

スポンサードリンク

逃亡生活に疲れている様子の西川に対し
桂あやめさんは『捕まった方が楽ちゃいますか?』と
優しく諭しますが、警察に捕まるくらいなら○んだ方が
マシだと言う西川に対しさらに桂あやめさんは
『○んだらあきまへん。○んだら終わりです』と優しく諭すと
西川は『あんた、ええ人やな』と言い残し
そのまま奪ったお金を持ち、再び逃走したそうです。

その後桂あやめさんが警察へ通報し
西川は逮捕され、長い服役の末
今年2017年の7月に刑が執行されました。
多くの命を奪ったことは変わりないので
当たり前といえばそうですが
本人もどうしようもなかったのかなと思いますね。

スナックママ事件の犯人『西川正勝』の過去と経歴は?

そんなスナックママ事件の犯人として捕まり
今年刑が執行された犯人『西川正勝』ですが
幼少期に母がいなくなってしまい
父も遠くへ出稼ぎに行き、
両親はおらず姉4人との生活だったみたいです。

スポンサードリンク

偏見ではないですが
やはり過ちを犯してしまう人の多くは
両親がいなかったり、虐○を受けていたりと
家庭環境に問題があり、家族の温かみに
触れてこなかった人のケースが多いので
こう言うところは気をつけて行きたいですね。

そして18歳になったときに
スナックのママに関係を迫りますが
断られ、カッとしてスナックのママを○害してしまいます。

この事件で逮捕され10年間刑務所で服役します。
そして、刑期が終了し出所後にすぐ事件を起こしてしまい
刑務所に逆戻り。次は7年間の服役をします。

そして1991年の10月に出所。
2ヶ月後の12月にスナックのママ4人を○害し
今回の事件に繋がります。

さらに、桂あやめさんが襲われたのは
3代目を襲名した翌日と言うことで
とても災難でしたね。

この事件ですぐには襲名とはいかず
正式な襲名はその2年後となってしまったそうです。

んー、なんと言うか事件を繰り返し起こして
捕まってはいますが、最初にスナックのママを
カッとなって○さないでいればここまでには
ならなかったんでしょうね。

根っからの極悪人ならば桂さんの言葉に耳を貸して
優しさに触れたりすることなんてないですから。

本当に悪いことはするもんじゃないです。

スポンサードリンク

まとめ

いかがでしたか?
今回は爆報フライデーの桂あやめさんについて
ご紹介させていただきました!

犯人はもうこの世にはいませんが
それでも桂さんの心の傷が消えることはないですね。

辛いですが、なんとか乗り越えて
これからも頑張って欲しいところです。

それでは。

スポンサーリンク
スポンサードリンク