世界まる見えでロイズ銀行ウォーキートーキー強盗事件の犯人と内容!D通告の真相は王室のスキャンダル?

引用:ntv.co.jp

どうもみなさんこんにちは!
yoshikiです!
みなさん、銀行強盗と聞くと
どのくらいの規模の被害額を想像しますか?

スポンサードリンク

日本で有名な強盗事件だと
昔に起こった『3億円事件』であったり
今年福岡で起きた『3.8億円』盗まれた事件など
せいぜい数億円ぐらいの規模を
想像する方が多いのではないでしょうか?

しかし、今回ご紹介する内容では
もう一桁多い、とてつもない額の被害がでた事件で
しかもとても謎の多いお話です。

2017年10月9日(月曜日)19時放送開始の
『世界まる見え!特捜部』にて
イギリスの『ロイズ銀行強盗事件』について
ご紹介されます。

この事件はイギリスの貸金庫に強盗が入り
当時のレートで約25億円ほどの金品が
盗まれた事件なんですが、ここまで大きな内容でありつつも
イギリスのメディアはほとんどこの件に関して
報道をしなかったのです。

そんな謎の残る『ロイズ銀行強盗事件』について
早速ご紹介していきたいと思います。

世界まる見え!特捜部 番組出演者情報【10月9日放送分】

司会
所ジョージ、杉野真実(日テレアナウンサー)

ゲスト
岡田紗佳、菊地幸夫、小峠英二(バイきんぐ)
櫻井翔(嵐)、柴田理恵 五十音順

スペシャルパネリスト
ビートたけし

スポンサードリンク

イギリス史上最悪!ロイズ銀行ウォーキートーキー強盗事件の内容とは?

引用:biz-journal.jp

それでは早速ご紹介していきたいと思います。

事件は今から46年前の1971年9月
イギリス・ロンドンの中心部にある『ロイズ銀行』にて
起きました。

週末の2日間の間で
貸金庫の中からおよそ300万ポンド。
当時のレート換算で行くと25億7000万円もの
金品を奪われたという内容のものです。

それにしてもものすごい額ですよね。
普通に暮らせば5.6回くらいは人生がやり直せそうです・・・

そして、これだけ被害額の大きかった事件。
イギリスのメディアが取り上げないわけがない!と
思われていたのですが、不思議なことに
驚くほどこの強盗事件に関しての報道が
表に出なかったのです。

一体、なぜこんなに大きな事件にも関わらず
報道がされなかったのでしょうか・・・

ロイズ銀行強盗事件には『Dノーティス』が出ていた!D通告とは?

そんな事件に関する報道が極端になかった
今回のウォーキートーキー強盗事件ですが
どうやら『D通告』なるものが出されており
この通告の影響で、多くのメディアが
事件に関する報道を控えていたそうです。

スポンサードリンク

この『D通告』とは何かと言うと
『Dノーティス(ディーノーティス)』とも
呼ばれており、イギリス政府が機密保護の目的から
特定の内容に関する報道を控えるように
報道機関へと出す通告のことです。

この通告自体には何の拘束力もなく
この通告を無視したからと言って
直接処罰が下されるということはないです。

しかし、それでも報道はされなかったんですね。
では、なぜわざわざ強盗事件の報道に対し
『D通告』を出す必要があったのかということですね。

ウォーキートーキー強盗事件がモデルの映画!犯人や真相は王室のスキャンダルが原因?

引用:labaq.com

さて、そして気になる犯人なんですが
実はまだよくわからないんです。
何しろD通告が出されていたので情報が少ないんですね。

しかし、このウォーキートーキー事件を
モデルにして作られた映画があります!

それが『バンク・ジョブ』という映画です。
以前、日本でも上映された映画ですね。

引用:amazon.co.jp

内容は、本事件の実話を基に作られているようなので
大体の流れは一緒であると思われます。

そんな映画のあらすじですが

7人で組んだ犯人グループがベイカー街の地下に
12メートにもわたるトンネルを掘り進め
目的の貸金庫まで繋げ、金庫の中身を盗むというもの。

まるで海外ドラマにでも出てきそうな
手口ですね・・・(笑)
こういう地下に掘ったトンネルとかで
一度は牢屋から脱走してみたいものです。

スポンサードリンク

ちなみに『ウォーキートーキー』というのは
トランシーバーのことで
金庫へ続く穴掘り作業の最中、仲間内の連絡を
トランシーバーを用いて行なっていたのですが
たまたまアマチュア無線愛好家がこの会話を
傍受して事件が発覚したところから名前がついています。

そして、気になるD通告の方ですが
映画内では、盗まれた物品の中に
エリザベス王妃の娘であるマーガレット王女の
スキャンダル写真が含まれていたことが原因でした。

この写真が漏洩し、王族のスキャンダルが発覚しては
メンツが保てなくなるという理由からこのような
D通告を出し、報道機関へと報道規制を出したと
描かれています。

実話が元になっているとはいえ、さすがに
このスキャンダル写真が事実だとは言い難いですが
それでもD通告が出ている以上
そのわけがただ事ではなかったことがわかりますね。

まとめ

いかがでしたか?
今回は世界まる見え!特捜部で紹介される
ロイズ銀行ウォーキートーキー事件に
ついてご紹介させていただきました。

真相については私の力ではわかりませんでしたが
実話を元にした映画では
王室のスキャンダルを隠すためにD通告が出されたということでした。

もしも気になる方がいらっしゃれば
ご自身でも調べてみてください!

それでは。

スポンサーリンク
スポンサードリンク