死印のネタバレ考察と感想やストーリーまとめ!ラストやボスなどについて

くちゃら花嫁

引用:YouTubeより

くちゃら花嫁は5年前の事件で集団暴行され
自殺してしまった長谷川聖子さんですね。
またくちゃら花嫁と電話ができる箇所というのも
それぞれ誘拐された場所、暴行を受けた場所、発見された場所と
対応しています。

そして姿を消した婚約者は聖子さんの暴行に関わった全ての
関係者を殺します。
それがあの木に打ち付けられた写真と対応しているものだと思います。
また、両目に釘が打ち付けられているのは
聖子さんの辱しめられた姿を見れないようにするという意味での
行為でしょう。
その証拠に聖子さんの映像を納めたであろうテープなども
一緒に捨てられてありました。

とにかく婚約者は聖子さんを辱しめその姿を見たもの全てに
罰を与え、最後に新曲を作り死んで行ったのでしょう。

スポンサードリンク

そして婚約者のアルバムの最後の新曲を聞けずに死んだ
聖子さんは死に切れずにこの世に怪異として残り
婚約者が自分のために行った復讐をなぞるようにして
今回の事件を起こしたのだと思われます。

ずう先生

引用:YouTubeより

ずう先生はH小学校で理科の先生をしていた頭川先生ですね。
個人的には全ての怪異の中で一番ショッキングな外見でした。

ずう先生はしゅら様を狂信的に崇拝していましたが
ずう先生は観音兵から叡智を与えられたわけでもなく
ただ、観音兵に殺されその際に怪異になってしまっただけであるので
なんとも悲しい最後です・・・

スポンサードリンク

観音兵

引用:YouTubeより

個人的に動く観音像は某GAN●Zを思い出すようで
デザインも好きでした。

観音兵はかつては天仏計画が成功して
動き出したと思われていたようですが
実際にはそんなことはなくメリイの呪いの力を与えられ
始動しただけのようですね。

ですがメリイが呪いの力を手に入れる・覚醒のきっかけとしては
実験所の犠牲者や仏像の怨念だと考えられていますので
そう考えると天仏計画にも少なからず意味はあったのかなと思います。

スポンサードリンク

九条メリイ

引用:YouTubeより

なんとなくそんな感じはしていましたがやはり主人公に
シルシを刻んだ怪異はメリイでしたね。
それにしても、普段の可愛い顔がこんなになってしまって
個人的にかなりショックでした。

メリイは天仏計画が行われた際に
霊的な宝物として研究所へ供出され
そこで生じた多くの犠牲者の怨念が引き金となって
呪いの力を得ることになります。

そして観音兵を現実のものとし、殺戮を行うも
九条家の先代に封印され引き取られ
50年経って封印が解け、今回の一連の事件が起きました。

悪役だけど何かしら主人公に思いを持っていたり
仕方なくこの役回りをすることになっているのかな〜なんて
思いながら見ていましたが
ただただ人が恐怖しているところを見て喜ぶという
残虐なキャラだったのでびっくりでした。

また、研究所の実験の犠牲者の怨念でできているのならば
納得かなって感じです。

続きは次ページに記載します。

スポンサーリンク
スポンサードリンク

コメント

  1. スーパーベジータ より:






  2. きんのたまおじさん より:

    何度見ても最後のメリィの顔最高にたまらんわぁ…