アンビリーバボーのウーバーバトラーの口コミレストラン事件の真相は?内容についても!




どうも皆さんこんにちは!

yoshikiです。

皆さんは、レストランなどの飲食店を利用するとき

初めて行くお店だった場合、何を参考にして

そのお店に行くことを決めますか?

スポンサードリンク

基本的に私は、通りすがった時に外観がオシャレだったり

料理が美味しいという噂を聞けば

その時点で『絶対に行ってやるぞ!』という気になるので

とにかく冒険心でどんなお店にも行くんですが

結構口コミサイトの評価を見てから行くか行かないか

決めるという人も多いのではないでしょうか?

日本だと、飲食の口コミサイトでいえば

『食べログ』が有名ですよね。

私も自分の行きたい所じゃなかったり興味がない場合には

食べログでサクッとジャンル検索して

評価の高いお店を選びがちになってしまいます(笑)

さて、今回はそんな口コミサイトの嘘が招いた

イギリスで起きたとある大事件についてお話しします。

2018年3月15日(木曜日)19:57放送開始の

『奇跡体験!アンビリーバボー』にて

ウーバーバトラーさんが引き起こした

実在しないレストランが口コミサイトで

ロンドンで1位をとった話が紹介されます。

このウーバー・バトラーさんは口コミサイトで

評価を書くライターとしての仕事をしていたそうですが

ある日、存在しないレストランを立ち上げて

世界的に有名な口コミサイトでとんでもない

書き込みをしてしまうんです・・・

今回はそんなウーバー・バトラーさんの引き起こした

事件についてご紹介して行きたいと思います。

奇跡体験!アンビリーバボー 番組出演者情報【3月15日放送分】

ストーリーテラー
ビートたけし

スタジオメンバー
剛力彩芽  バナナマン(設楽統 日村勇紀)

ロンドンのウーバーバトラーが引き起こした架空レストランのきっかけは?

イギリス・ロンドンの郊外の街ダリッジに住んでいた

ウーバーバトラーさんは駆け出しのライターだったようですが

とあるアルバイトをやっていました。

それが、口コミサイトに嘘の口コミを書き込んで

その店をいいお店だと思わせるライターです。

いわゆる『サクラ』ってやつですね。

多くの人が口コミの評価を見て、来店するか否かを

決めている現在では口コミの評価は絶対です。

お金で人を雇ってでも、嘘の口コミを書かせる

お店は日本でも結構ありますよ。

すると、ある日ウーバーバトラーさんの書いた

偽の口コミが『役に立った!』と評価を受けたんです。

まぁ、特別不味いお店でもなければ

当たり障りないことを書いておけば役には立ちそうですよねw

スポンサードリンク

そして、それを見たバトラーさんは嘘の口コミを

信じる人がいるなら、嘘のレストランを立ち上げても

信じる人はいるんじゃないか?と考えます。

なんと大胆な・・・

そこで彼は、計画を立てて

世界的に有名な『トリップアドバイザー』という

旅行やレストラン探しに利用される

口コミサイトに嘘の書き込みをすることにします。

ウーバーバトラーがトリップアドバイザーに嘘の口コミ!ダリッジの物置小屋の真相とは?

フェイクレストランを立ち上げようと決めたウーバーバトラーさん。

そして、お店を出す際のコンセプトをあらかじめ決めていたようで

・料理を外で食べること(野外レストラン)
・変わったお店であることを気取ること
・家庭的な雰囲気を出すこと
・予約制のレストランにすること

と以上の4つがあったようです。

そしてこのコンセプトを満たす

お店を立ち上げる前にまず必要なものとして

・場所(レストラン)
・公式サイト
・予約を取るための電話番号
・口コミやサイトに掲載するサンプル食品

などがありました。

まず、場所に関しては当時ウーバーバトラーさんが

住まいとしていた物小屋を使用。

物小屋じゃ一目見た瞬間にバレるでしょ?と

思ってしまいそうですがちゃんと仕掛けがあります。

そして、お店の名前は『ダリッジの物置小屋The Shed at Dulwhich』に決定。

そして、次に公式サイトの立ち上げ。

これは友人たちに手伝ってもらい

ホームページ・専用のSNSを立ち上げ

偽の書き込みなども行ったようです。

そして、予約を行うための電話番号も

新しく契約したものを使ったようです。

そして、最後の口コミや公式サイトに使う

サンプル食品ですがこれが驚きの発想で

こんな感じの食品サンプル。

なるほど、ぱっと見は普通に美味しそうに見えます。

ちなみに料理名は

『揚げ人参のパンケーキ〜海の香りとパセリを添えて〜』

といういかにもそれっぽい名前。

しかし、これ完全な嘘っぱちなんです。

人参に見えるものはトイレの固形洗剤。

スポンジはペンキで塗りたくって代用し

クリームに関してはシェービングクリームを

使っているそうですwww

確かにこれは写真で見ただけでは判別つきませんし

こう言われなければ普通におしゃれ!と信じてしまいます。

この他にも

・ハムエッグならぬハムホック(膝)
(これはベーコンがバトラーさんの足で代用されています。)

・透明なブロスのヴィーガン・クラムチャウダー

・削りベーコンで香りづけしたヨークシャー・ブルー・マカロニ&チーズ

・たらのシャンパン&ハニーロースト

などなどあるようです。

これで準備は完了です。

スポンサードリンク

ウーバーバトラーのフェイクレストランがロンドンで1位!その裏側と仕掛けとは?

偽のレストランの準備が整ったら

いよいよトリップアドバイザーにお店を登録します。

もちろん登録したての頃はロンドンのレストラン

全18000件中の最下位!!

しかし、ここから友人たちの偽の口コミの甲斐あって

徐々に順位は上昇。

開始1ヶ月後くらいには予約の電話がひっきりなしに

かかってきます。

しかし、ここではあえて全ての電話をお断り!

これは、お店が予約でいっぱいになっていると

見せかけるためのフェイクです。

何から何まで計画された嘘ですね(笑)

完全予約制で住所もわからず予約もいっぱい。

そんな謎めいた魅力に包まれたお店

誰もが一度は行って見たいと思ってしまいます。

誰も行ったことがないというのに

人気だという噂だけが広まっていき

開始から半年後にはついに

トリップアドバイザーで1位をとってしまいます。

清々しいほどの嘘つきですがめちゃめちゃすごいですね。

そして、たったの1度だけこのお店をオープンしたそうです。

・一流レストランで働いていたシェフの友人

・人気であると見せかけるためのサクラ客

・店の雰囲気をよくするための音楽とDJ

色々な準備を施しお客さんを待ちます。

もちろん、場所が物置小屋とバレてしまっては行けないため

あらかじめ別の待ち合わせ場所を指定し

そこからは目隠しでお店の場所まで誘導し

店内に入ったら目隠しを取ってしまうという仕組み。

これじゃあバレるわけもないですね。

逆に客側からしたら、騙されているのでは?というよりは

ワクワクや期待感の方が高まっていたと思います。

そして、実際に出した料理といえば

ほとんどがスーパーで買い漁ってきた

冷凍食品!

これは家庭的というコンセプトには

一応乗っ取っていますね(笑)

もちろんお客さん側が気づくはずもなく

大満足で帰って行ったようです。

その後、トリップアドバイザーにネタバラシをして

大炎上したみたいです・・・

本人的には大満足なんでしょうが。

スポンサードリンク

まとめ

今回はアンビリーバボーで紹介される

ウーバーバトラーのフェイクレストランについて

ご紹介させていただきました。

まぁ、事件というよりは大規模すぎるいたずら

と言ったほうが正しいんでしょうかね(笑)

結局今回の事件では、

ネットの情報ばかりを頼りにしていたことが

引き起こしてしまったといえますね。

今の時代はインターネットと共にあると

言ってもいいくらいの情報社会ですから

仕方ないとは思いますが

『口コミの評価が良かったから私も行く』

という部分に本当に『自分が行きたい』という

意思があるのかな?とは思います。

別に全財産叩いて行くわけじゃないですし

口コミなんか気にせずに行きたいと思ったら

行けよって感じですけどね(笑)

日本は特に周りに合わせたがる風習や

他人の意見に流されやすいので

こういういたずらには気をつけないと行けませんね。

それでは。

スポンサーリンク
スポンサードリンク